役立つ情報

記事更新後は再度URL検査を!速報記事を検索結果に表示させる為に

記事を検索結果に表示させて問題解決

トレンドブログを運営していたり、
そうでなくても自分が書いた記事はすぐに検索エンジン上に表示されて欲しいですよね。

特に速報ネタなんかだと、分単位でスピードが死活問題ですので、
最速のインデックス登録は切実な希望です。

実はURL検査でのインデックス登録リクエストですが、
記事を更新するたびに、再度行わなければならないようです。

筆者はそれを知らず、速報記事を書いた後に更新し、
新たにインデックス登録せずにいたら記事が検索エンジンに表れなくて
悶々と数時間待ち続けてしまいました・・。

これを読んでくださる方が、
そんな経験をすることがないよう、
少しでも参考になりましたら幸いです!

スポンサーリンク

URL検査ツールでインデックス登録。なのに記事が検索結果に表れなかった

検査ツールを使い、登録するプログラミング男性

筆者はある速報記事を書き、
秒単位で早くインデックス登録される事を願ってURL検査ツールを使いました。

既に「URLはGoogleに登録されています」と表示され、一安心しました。
すぐに検索エンジン上に記事が表れるだろうと・・。

しかし・・数十分経ってもなかなか検索エンジン上に記事が表れません。
( ウェブ上にて、[Site: サイトURL] を入力すれば、
検索エンジン上に表れているかが分かりますね)

狙ったネタに関するライバル記事がどんどん立ち上がっていく・・

溜まっていく焦燥感・・。

おかしいなと思いました。
もしかして急いで書いた記事だったから、
内容の薄いコンテンツ or Twitter引用多すぎ
などとGoogle先生に判断されて、表示が遅れているのでは・・?

どうせまだ検索エンジン上に表れていないのだから、
記事を更新してもデメリットはないはずと思い、
急いで記事を修正しました。

この数十分で新たに手に入れた最新情報や
自分の意見も盛り込み、
不必要に感じたTwitter引用も削除したのです。

そうして、更新。

数十分・・そして数時間。

一向に検索エンジンに筆者の記事は表れませんでした・・。

スポンサーリンク

記事更新後は再度URL検査が必要だった!検索結果に即表示された

記事更新して表示されて笑顔の男の子

数時間経ってしまい、
もう速報でも何でもなくなってしまった筆者の記事ですが、

いろいろな関連サイトを見ていくうちに、
ふと、これは記事を更新したら再びURL検査でインデックス登録をしなければいけないのではないか・・と思い当たりました。

そこでもう一度、URLで検査をしてみますと、
結果は前回と同じ、「URLはGoogleに登録されています」でした。

しかし今回はそこで、再びインデックス登録を申請します!

そして何が起こったかといいますと・・

新たな申請直後に、記事が検索エンジン上に表れましたww
ようやくww

これで判明したことが、
一度インデックス登録された記事も、
加筆や修正をして更新した場合は、
再度インデックス登録をするべき、という事でした。

最初の段階で記事修正せずに待っていれば、
そのうち検索エンジン上に表れたのでしょうが、

焦って記事修正&更新して、そのままにしてしまったので、
いつまでたっても記事が表れない事態になっていたようですね・・。

スピード感が勝負なトレンドでの速報記事など、
この手順は外さないように気をつけて、
バンバン狙っていきましょう!

読んで頂いて有難うございました。

スポンサーリンク